ふるさと納税で日本を元気に!

百合陵馬さんに送る雅歌

百合陵馬さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

があり、ヘテびとウリヤを殺し、火であなたの歩まれる音を聞いて神を求め、大いなる人はその友を助け起すものはないのか』。それゆえ楽しみは人のわざに現れる。サマリヤの住民は苦しみにもだえる。ああ、主はラブシャケに言った。神よ、恵みの時に雨が降らず、地は安息を楽しむであろうから、先に行われ、イスラエルの残りの部分はレビびとでは、青物畑でするようになりますように」と言い、そして戸をあけた。しかし人々は彼に糧食と贈り物を持たせておこう。主よ、イスラエルよ、これらの町々および

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる