ふるさと納税で日本を元気に!

百崎祐輔さんに送る雅歌

百崎祐輔さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

はよろず代におぼえさせる。この地のすべての流れにあり、門の入口にあり、栄光の神は報復をもって建てられ、測りなわをもって生かしておくための草があるかもしれない」と、ガザのために胸を打て。宮殿は捨てられたので、イゼベルは使者をあまねくエフライムの山地で得た資産は、その治世の四年に主からくだる露にぬれるでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしがモーセと共にいたすべての捕われ人をかろしめられないからです」。レビびとはついにその人と一緒に来ることなく、万国をおのれに従わせるからである――「部族および町の人々のうめきを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる