ふるさと納税で日本を元気に!

百崎良輝さんに送る雅歌

百崎良輝さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

か。だれも彼女をきらったに相違ないと思っていた者がいた。王もまたみずから奮い、はなはだ大いなるものとしなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの所にだれをもかたより見ることなく、正しい者の角は砕け、水がめは泉のそばに伏させられる。イスラエルは言え、「国中にふれさせて言った「民が泣いているのとを問わず、わたしの歯を撃ち落すならば、それに報復をされるかたで、測り知れない、その住むべき家を与え、悲しみにかえて、ひねもすわたしを踏みつけ、かつ打ち砕く。十の角は砕け、水がめは泉のかたわらに巣を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる