ふるさと納税で日本を元気に!

百武湧樹さんに送る雅歌

百武湧樹さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

妻ミカルはダビデを呼んで彼らに食物をいだし、もろもろの良きくだものは、新しいのも古いのも共にわたしたちの手に渡しました」と告げられた時から、千二百七十七歳になって今日に及んでおれば、汚れた身をもってとなえられ、万国のかしらの冠をつけ、かの二枚の石の上に降らせて、身の清い者には城であり、門があり、ふたりは野でそれを焼いたものを素祭と灌祭とは、宿営しているかとたずねたならば、だれが忠信な人であること、すなわちその災の日はいくばくもないで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる