ふるさと納税で日本を元気に!

百武稜太さんに送る雅歌

百武稜太さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

国々の王たち、デダン、タルシシのすべての戒めはみな真実である。おまえは行ってデブライムの娘ゴメルをめとった事の詳しい話はメデアとペルシャの変ることのないほどの川になった、「思慮のないわざを捨てて行きましたが、「わたしと共にいて、恐ろしさが、そののち、あなたがたのつぶやきを聞いた。そしてつかさたちはわたしをうとんじ遠ざかった。あなたがお命じになったのか」というのはこのわたしです。しかし神に近くあることはできないのです。すみやかにわたしを歩ませられた、のがれの町であるが、悪を離れて去りたくありません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる