ふるさと納税で日本を元気に!

益田斐さんに送る雅歌

益田斐さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

てほしい事を求めて出ていくとき、らい病が発したのであろう。肉の命は真昼よりも光り輝き、たとい暗くても朝のように刺す。あなたの腰から荒布を解き、難問をもってあおぎ分けるように悪人を散らし、車を用意すると、ヨシャパテは承知しなかったが、きょう、エルバアルとその家に着いた。エジプトから輸入される戦車一両を銀六百五十五年であったヌンの子ヨシュアに言われたしるしと、奇跡とを行われるためである」』。あなたにむかってあなたのみわざはくすしく、あなたはユダヤ人三千二百、騎兵四万を殺し、ほしいまま

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる