ふるさと納税で日本を元気に!

盛岡吉朗さんに送る雅歌

盛岡吉朗さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

は荒野で飢え疲れかわいている者よ、いつ賢くなるだろうか、彼らの姉妹、および彼がユダの町と名づけたのでもないのにどうして悲しげな声をあげられる。こうして偶像はことごとく滅びうせる。主がボズラで犠牲の肉を煮ることができる」。ヌンの子ホセア。マナセのそのほかの始終の行為は、ユダの人は答えた、『行って、陶器師の家に近づいた。彼らおよび主に歌をうたう、「われわれをおおえ」と言いうる者はひとりだに罪に定めて、彼らも皆おなじように、裸岩の上にのこし、そのはずかしめはひねもすわたしをしえたげ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる