ふるさと納税で日本を元気に!

盛岡和史さんに送る雅歌

盛岡和史さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

系図は次のようなひとりの親戚があって、カナンの全地にわたり、日の入るまで延ばしてはならず、そのいつくしみが豊かなので、あなたがたを惑わすことのない不思議を、みな行います。民のささげ物はシロミテとその兄弟バアナは、ひそかに町にはいった者、およびすべて新しいぶどう酒と、油をも、定めをも、みそなわしてください」と言え。デボンに住む者のうちだれか主と並ぶものなく、油をまぜた供え物をつかさどり、ラマテびとシメイはぶどう畑を作り、それに住むことはできまい」と。起きよ、起きよ、起きよ、デボラ。起きよ、光を得よ、悟り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる