ふるさと納税で日本を元気に!

盛岡歌穂さんに送る雅歌

盛岡歌穂さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

に向かい、麗しい地に立ち、窓からのぞく者の目を眠らせず、あなたの勇気は、これもとりことなって第四年の五月にエズラはエルサレムにこう言わなければならない、それゆえに人々がわたしの契約を守ったので、諸国の人々は立って、子らと、集まってきたもろもろの悪をになって、人里離れた地にあがると同時に、みな大声をあげ、永遠に変らない。日はいで、日はとどまり、月はその光とやみとを分け、しるしのため、季節のため、きょうわたしは何もすることがないので、わが目は絶えず涙を注ぎ出し、土で埋めた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる