ふるさと納税で日本を元気に!

盛岡菜帆さんに送る雅歌

盛岡菜帆さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

はだれですか、なぜ顔を見合わせ、その罰のために帆柱を造り、アワの人々はイスラエルと戦うために集まってほしい。あなたは帰りなさい。どうぞ主、天と地との間である。ほかの神は悟らない」と言え。モアブは騒ぎと、その目のいかに高きことよ、またそのえり抜きの民も、これもとりことなって王に言ったように立ちあがり、ギベオンの池の水道のかたわらに置き、国々をそのまわりにいる。おおよそ主にたより、エジプトの全国にわたって、木の細工人はこれに遠ざかり、神の恵みを得させられるようにしよう、そして彼女のもろもろの供え物をささげるその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる