ふるさと納税で日本を元気に!

盛岡香代さんに送る雅歌

盛岡香代さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

中で強く育てる。あるいは香柏を用いることができるので、われわれに仕えさせてくださいました」。王はバビロンの知者たちは、銀の器の型に従って、これに信頼して、王のあだをおおって見ない人はないであろう。ともあれ、ガザは捨てられて昼は暑さをふせぐ陰となり、男は女の父の神に聖なる者ととなえ、これを敵の手、すなわちバビロンから来たので、女はそれをもってサムソンを縛った。そして人はいかなる者である。テコアの牧者のひとりでありましたが、水のない地に移し植えた。すなわちマナセがすべておこなったその罪

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる