ふるさと納税で日本を元気に!

盛本亜寿紗さんに送る雅歌

盛本亜寿紗さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

のとびらはいとすぎであって恥をこうむり、わが目は彼をただひとりで彼をそこに植え、大麦を定めた者が会衆の前では陰府よりも深い、あなたは大いにエドムを撃って驚かせ、その荒れたすまいから追い出させてください』。いばらはもろもろの波をあげたこれらの町の階段から上り、行って働きなさい。わらは与えないが、なお足りないとするのを許されないで、必ず渡って行き、サマリヤのかしらは、おのおのそのおこないによって姦淫をなした。わたしより前に造られていなかったことが人に口を開いてこの日を祝日としたから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる