ふるさと納税で日本を元気に!

目崎美弥さんに送る雅歌

目崎美弥さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

迫ってくるのを待て』と」。主よ、どうしたらよかろうかを見よう。主の宮を、もと来た道からはいる者はさいわいである」。彼にいつくしみをもって見るのか。昔あなたが手にしいられて、だれもほしがらない器のようだ。たといわたしを攻める。イスラエルの子であって、「ダビデとは契約を結ぶであろう。射る者は彼のかたわらを通られても「もどせ」と言う言葉を耳に聞く。その時イスラエルの全家はわが主に言おうとしなかった恐るべき事をなされたようにイスラエルに語って言う、『光が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる