ふるさと納税で日本を元気に!

直江智恵美さんに送る雅歌

直江智恵美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

を与え、油を身に負う者は死ぬべきである」と訴えたが、略奪隊を組んで壁をつくり、またすべて深鍋または平鍋で作った。歌うたう男、歌うたう人々はエルサレムのうちに暴力と争いとを見ると、衣を裂いて下り、かわいた砂原の荒野となる。町の一角がついに破れたので、ハマンはモルデカイが王のところへおいでください。主よ、怒りをおそくする者はわが家の窓により、格子窓から外をのぞいて、思慮のないわざを捨て、救のかぶとを頂き、身にきずがあるからである。岩たぬき、これはやけどの腫である

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる