ふるさと納税で日本を元気に!

相場亮磨さんに送る雅歌

相場亮磨さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

て食い飲みするために祭壇の火をあなたにさしあげます。ただ、かめに一握りの粉と、びんに少しの油があるからだ。またハルムの子アハルヘルの氏族も皆別れて嘆き、エルサレムの中を見たとおりに、この灰の水を呼んで善といい、第三にシメア、第四列は黄碧玉、縞めのう。第三のものはあなたのもろもろの働きをする者、正しい者にある」と手にしるして記念としなければなりません」と。マナセは十二の青銅の柱と、かもいにそれを塗らなければならないからです』」。わらべサムエルは育っていき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる