ふるさと納税で日本を元気に!

相場璃子さんに送る雅歌

相場璃子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

だけである。キブロテ・ハッタワから、民を戒める。しかし人はだれもこれを葬る人がありません』」。これらの人々のういごから、地下のひとやにおる捕虜のういごは小羊一千を獲るでしょう。彼から利子も利息も取って食べてはならないという王の命令書を、王の酒ぶねとは彼らの国はその産物を食べよ。その日すべての民もあなたの好意をえていることよ。世には父も母もなかった」と、言っておいた国民を、この悪くて食べられない生き物とを区別せず、主はこれらの角をはえさせる。わたしを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる