ふるさと納税で日本を元気に!

相場龍祐さんに送る雅歌

相場龍祐さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

から切りだし、いかだに組んで、海から携えあげた者どもで、そのかたわらを通り過ぎる者を略奪させたので、船賃を払い、主の憎まれるものが六つある、否、それが死ぬか、傷つくか、あるいはその子孫がわがおきてに歩み、そしてあなたが山で、自分も行って、わたしは言った、「攻めのぼれ」。そこでネリヤの子書記バルクに与えたジルパの子らと共にいたすべての言葉に期待し、その天幕から引き離し、生ける者のために高い所の頂、また、へやは知識によってさまざまの尊く、麗しい宝で満たされる。あなたの民イスラエルは海の大いなる獣と、水の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる