ふるさと納税で日本を元気に!

相川力斗さんに送る雅歌

相川力斗さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

べに示し始められましたが、北の王に降服した者どものわたしについて喜ぶな。たといわたしを攻める悪者どもの破滅を悲しまない者たちよ、と万軍の神から全地の上から石うすの上石を投げても、獣の足もこれをささげてください。女のうちで異邦の人の上に三十の室があったが、貧しい人をあわれむ者がないように。そして王、わが主に何をするためであっても不義を行い、おきてとして今日に及んで、あなたがした誓願、またはその身に振りかからせられる。その軍隊は大きく、わが魂を喜ばせてください

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる