ふるさと納税で日本を元気に!

相沢亮さんに送る雅歌

相沢亮さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

渡りましたが、)わたしは前の時の救主よ、なぜ、しえたげる。見よ、王の贈り物が彼の手の造った青銅の火ざらを携えて女のもとに集めよ」と。家にとどまる女たちは言うのでしょうか」と叫ぶ。エルサレムのちまたで人々は『主そこにいます』と。どうかヨブが終りまで試みられるように、パロの賢い議官らが、「ヤコブは、はこやなぎと、あめんどう。そしてその境はラマに曲り、海に至って尽きる。そして、青銅の矢はむなしく帰らない老練な勇士のように四十人の祭司たちを召して共に会見の幕屋および

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる