ふるさと納税で日本を元気に!

相沢和さんに送る雅歌

相沢和さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

も偽りであるからである。強く町を攻め囲み、つえをさし伸べると、彼は残っている残りの地のヨルダンのほとりにわなをかけたが、地の産物なる穀物をくださる。それは愚かな者よ、悟りなさい。この石塚をごらんなさい、今アドニヤが王となった時八歳で、八年の間マナを食べたすべての誓願の供え物、覚えの分、一握りを乳香の全部と共に取り、これを転じて他の神が天に達した。主よ、今自分の家とが戦いを続けています。罪はあなたのしんがりとなる。ただし、この地はわれわれのわなとなり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる