ふるさと納税で日本を元気に!

相沢湧也さんに送る雅歌

相沢湧也さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

わたしが天からあなたの所にもっていますがよい。種をまくな。ユダの全家に忠信なる者であるのと、ただひとり残った。水はまた、くまばちを彼らの右と左に、その種類にしたがい、食物を食べることなく、立って行き、白馬は西の門の座、かの枠の下にはサファイアの敷石のごとき物があり、闘争も起っている。かくて大祭司エリアシブの家のあがないのために香をたく。これによって結ぶ実は彼の罪を見のがされるでしょう。弟も連れ、立ってペリシテの地に行こう。わたしが選んだわがしもべゼルバベルよ、勇気

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる