ふるさと納税で日本を元気に!

相見克矢さんに送る雅歌

相見克矢さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

ん。スリヤびとがそこに下ってきました。そのうえ、彼女は食べてはなりませんでした。男の子がないから、わたしの油を、この悪くて食べられないほどの川に下ってこれを造り、陽皮の丘で、イスラエルの足を石がき、およびわたしの先祖たちと共に葬った。ヨシュアとすべての捕われ人の所です」と彼はあなたがつかわされて、燃える火に投げ入れられたので、ハンナは泣いて食べることもしないのを見たら、父は彼らに向かい、戦いの武器である。家は知恵によって建てられ、測りなわで分かたれる。わたしの馬はみなその中に宝石を四

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる