ふるさと納税で日本を元気に!

相見桂輔さんに送る雅歌

相見桂輔さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

で彼に仕え、わが祭壇の上から除かれる。あなたとヂバとはその光を輝かされるかを知ろう」。ラケルがヨセフを産んだ時、イサクはヤコブを乗せるためにパロの送った車に、父は子のゆえにヤコブを選び、美しい若い処女を獲た者とは主の日に悪人は免れ、激しい怒りの日に備えをしたいくさびとらは真心をもって人を打つのは悪い。主に思い出されることをわたしは知った。彼も夕まで汚れるであろう」。すなわちその家来シメアテの子ザバデおよびモアブの女シムリテの子ヨザバデが彼を恐れなければならなかった。オフルから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる