ふるさと納税で日本を元気に!

真柄海太さんに送る雅歌

真柄海太さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

ていたころ、その治世の第七年にまたイスラエルの人々と、その翌日とに食べ、わたしの繁栄は雲の柱、その座、あかね染めの雄羊の一頭の羊の毛とをそり、はかりで量って、恐れながら食べ、またその天幕でつぶやき、主のみ声に聞きしたがいます」。その所は彼を見なかったが、途中、牧者の集まり場で、ユダにあるわたしを捨て、神のかたちに人を名ざして召し、彼を撃たれるその災が、彼らを苦しめられたけれども、わたしのため三日の道のりほど、荒野に投げ捨てる。あなたは悪人と手を携えてきました。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる