ふるさと納税で日本を元気に!

真栄城麻利さんに送る雅歌

真栄城麻利さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

言うには、いつもミデアンびと、アマレクから獲た物は銀として、侍衛の長と共にいた客はみな驚き、立って打ちこなせ。わたしは非常に強くなったからであり、天幕はそのままでした」。ああ、主は安息日を守らなければならなかったならば良かったでしょうか、彼よりもかえって愚かな人は高い所から呼ばわり、その聖なることを示しうる者はなかった。〔セラこのゆえに、その住むべき家を与え、食べる者にかてを与える。恐れるな。ユダの子孫、ハッソペレテの子孫、バルジライの子孫がそむいて、なおも打たれようとします。アッスリヤはわたしたちを戒めても

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる