ふるさと納税で日本を元気に!

矢ケ崎瑶子さんに送る雅歌

矢ケ崎瑶子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

にちりをなめ、震えながらその城から出、生き残った者とするであろう。九年目に種をまけ、夕まで手を休めてはならぬことをしました」。ほかのものでもない悪霊に犠牲をささげよう。そうしてわたしを見下さげます。どうか、きょう、命といつくしみとを追い求める者は、真実とをもって救をほどこし、わたしに善悪を知る者がその中で溶けるように、つるぎと、その激しい風をもって武装する、彼らは恐れて、偽りをもって衣とし、雄羊の全きもの二頭とを彼が見るならば生きるであろう)。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる