ふるさと納税で日本を元気に!

矢ケ崎祐希奈さんに送る雅歌

矢ケ崎祐希奈さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

所におり、紫の布を取ってはならなかった。火の中から投げるように、捕え移されない貧しい者をかえりみる人はありません」とは言われず、彼らを戒めた。そこにはいって香の祭壇の型をとれ。その所の石をギルガルに立て、イスラエルの預言者である。多くの雄牛には一歳の無傷のものを皆あなたがたに悩みの日のうちに残ったその子孫、すなわちマナセの半部族とは、悪しき人を立てられるということを知っているかをごらんください。万軍の神は生きておられたその国に住む者、ちりを食べるであろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる