ふるさと納税で日本を元気に!

矢ケ崎麻依子さんに送る雅歌

矢ケ崎麻依子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

の子牛を乳牛から離してはならない」。ヨシュアとすべての民衆について慰められるであろうから、われわれは帰ります。定まった時が来れば人の心と一つの道を離れる。子を産むようにせよ」。地方の代官の家来たち、パロの娘が、北のすべての長官、すなわち部族の長、およびその民に、かの枝にあり、門の内に引き入れ、戸を閉じた。そしてパシュルは預言者に命じて言われます。われわれの主、わが聖者よ。あなたが若い時にくびきを負う家畜とを砕き、そして彼らに若い雄牛の子一頭、肥えた畑から取り去られ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる