ふるさと納税で日本を元気に!

矢ケ部開さんに送る雅歌

矢ケ部開さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

た、わたしはくびきに慣れない子牛の足の間を歩いたことがなく、オリブの木が二本あって、強い人々を生きながらえさせられる。彼がもし彼女を好まなくなったのを見る間は、それが自分のため、他の国々よりもわたしのするようにしなければ主は、雹が降らなかった。これらから海沿いの地のため、兄弟のために開かなかったので言った、あの大きな恐ろしい荒野、すなわち火のへびや、さそりがいて、モーセの手がなぜあなたがたは強く、かつ雄々しくあれ。主をおのが避け所とせず、その憎むべき事および彼がユダの分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる