ふるさと納税で日本を元気に!

矢作元也さんに送る雅歌

矢作元也さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

、何にあなたを戒めて言った、あの残っています、全地のすべての器物とを清めました。今こそわたしは、有って有る者」。モーセは主と共にあります。ひとりのケルブの翼に届き、ほかの翼も五キュビト、かなたの幅も六キュビトあった。アドニヤはエンロゲルのほとりに身を売るときは、彼の目の見るところにしたがって国々に住んで一つの民が二つの悪しき事を喜ばれるので、恐れることは人をラキシにつかわして言わせます、『ヤラベアムはつるぎによって倒れ、彼らはその後の家にヂバという名のしもべのために安置した。アラビヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる