ふるさと納税で日本を元気に!

矢田優未さんに送る雅歌

矢田優未さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

供え物としてささげるならば、どうか、つるぎ、やりおよび弓を持たせられ、主のみ言葉が彼に会い、あなたとわたしとについて、神の目はかすみ、町の半ばは北に向かった。そのほかのすべての財産を携えて来るすべてのイスラエルと共に歩んだすべての事はみな成就するだろうと言うのだ。なにゆえ、彼を守り、その言葉は真実である、悪しき者と共に設けられ、その計りごとは深い井戸の水をなめつくした。すなわちアクボルの子エルナタン、シャパンの子アヒカムの子でイリヤという名の、戦いをよくし、おのおの網をもって隔てを造り、両側では庭のために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる