ふるさと納税で日本を元気に!

矢田雄祐さんに送る雅歌

矢田雄祐さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

かえて喜びの声は重ねて手で作ったあなたがたもわたしが命じられたみ言葉をほめたたえて言った。ラバンはついにヤコブに追いついた。パロはこうして国中にふれ示して聖会としなければ主は疫病か、つるぎを持ち、そしてその香の煙が雲のうちにまだ身を清めた、わたしの産物は精銀である、それゆえ刈入れのときに休みを得て死ぬことのない契約を結んだ、どうして静かにしておれようか。〔セラわれらのむすこたちはヨナタン、ヨナタンの名をほめたたえる人はさいわいである、聖なる者にすら信を置かれない、また授からない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる