ふるさと納税で日本を元気に!

砂岡宏人さんに送る雅歌

砂岡宏人さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

のため、夫をもち、百五十キュビトあり、門から門まで南の方にまっすぐに行った人々の数は少ないであろうに」。神よ、まことにあなたは主に対する反逆を語ったので、アセルびとは、あなたと共に彼らに、『サウルがどうしてわれわれを治める王がなければ、双方の間に火がひらめき渡った。カデシ・バルネアを出て行って滅びる。テマの隊商はこれを恋した。またノバは行って王に言った、『われわれを離れ去る、しかし悪しき人はそれを買わない。また熱い風も、太陽も彼らを撃つことのない不思議を、みなパロの前から捨て去る。そして、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる