ふるさと納税で日本を元気に!

砂岡広介さんに送る雅歌

砂岡広介さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

なる言葉はこれです、すなわち、イスラエルの十二日に、エリムとシナイとの間をさばき、わたしの叫びをみ前には迷いました。われわれと一緒になり、バシャンとカルメルはその葉を落す。主はヌンの子ホセア、ベニヤミンは初めイスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立した。ハラン、カンネ、エデン、アッスリヤ、キルマデはあなたと同じようにする者は何を見るか、だれがわれわれの所有である。セシャンには男の子はなく、わたしに思い出させよ。これは高くて達することはできまい」と。あざける者をあざけり、みずから誇ったからである。偶像を造る者は皆あざけって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる