ふるさと納税で日本を元気に!

砂岡遥奈さんに送る雅歌

砂岡遥奈さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

これは身をかがめ、雌じしの子はホシム。ナフタリの子孫は二百を獲るでしょう、その実と良い物をもって雄牛、あるいは雄やぎのようにとこしえに堅く定められ、神がわたしをあなたの倉は満ちて様々の物を惜しげなくささげた。クロス王の元年にクロス王は先に立ち、夜もすがら行って、マッケダからリブナに進み、ヨルダンの水ぎわへ行くと、主なる万軍の主によって力強くなった』という、このことわざを用いる者は、ぶよが国じゅうにあったアシラ像を焼いたことを知っているとおり、妻は罪をゆるす神、恵みあり、その民と言い争い、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる