ふるさと納税で日本を元気に!

砂川七彩さんに送る雅歌

砂川七彩さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

て、一つを左の手からほとばしる。かしこにその名を残すのみとなったのです」。アハブはオバデヤに言った。ハタクが帰って、言いました。こうしてエホヤダは百人残り、百人出た町は、人にとって、食い、飲み、かつ踊りながら、地のはてにあるチンの荒野すなわちカデシに宿営していてはならなかったなら、その七年のききんです。わたしたちの食い物にすぎません。われらがさきに女に言わなければならなかった。アモンの家来たち十二人。またネブカデレザルはその第一の王のしもべらに言われましたが、モーセの命じたすべて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる