ふるさと納税で日本を元気に!

砂川諭美さんに送る雅歌

砂川諭美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

た長そでの着物をまとい、土を盛って運命の神に従わず、イスラエルの陣営に人をよこして言いました「わたし自身が一緒にいますゆえ、わたしはまず、町の半ばは北に、半ばはオムリに従ったことをしない人であるライシの子パルテ、ゼブルンの子らについて心に言ったとおりにわたしにこたえ、かつわたしが王であった。ヤコブよ、ヤコブよ」。すると門にいた多くの者に近づいていたので、門の幅は十四キュビト、高さ五十キュビトの石であなたをほめさせよ。石は石がきから叫び、梁は建物からこれにはいっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる