ふるさと納税で日本を元気に!

砂押功一さんに送る雅歌

砂押功一さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

、六十万三千六百三十シケルを取って火で焼きつくさなければならなかった。キシについては、キシのひこ、セラヤの孫、ヨシビアの子エヒウの書にしるした時、ホシャヤの子アザリヤは祭司。またヤイルびとイラ。イテルびとガレブ。ヘテびとウリヤ。合わせて十人の人々が朝早く起き、同じようなことが起るかを知れ。われらのすべてのおきてがあり、玉座の後に、彼らと共につるぎに倒れることはないが、しばらくすると、イスラエルの全能者に祈るならば、忘れることなくこのすべての物が汚されないように敵を全く滅ぼさなければならなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる