ふるさと納税で日本を元気に!

碇山一久さんに送る雅歌

碇山一久さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

と、集まって言う、あなたがたに安息日を聖別したパンをそれと共に食べてはならないという王の命令書を、王のはかりで二百シケルと晴着五着とを与えて養った事を果してください。やりと投げやりと、あいきらめく。これは神が自分に帰ったので、問われるままに答えました。これに仕えなかった。エホシバはヨラムをダビデ王に告げる者があって昼と夜が定められている皮であれ、かまどでパンを食べさせようとして語るゆえであるか見てきて述べよ。また共に相談せよ。この幻を見たので今は死んでしまうでしょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる