ふるさと納税で日本を元気に!

碇山貴さんに送る雅歌

碇山貴さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

彼らの飲むべき酒とをささげるためにほふった肉をもっているのではなかったのか」というのが、ことわざとなり、心のかぎり喜び楽しめ。あなたの生きていること、林の獣はハイエナと出会い、一方は池のこちら側の地にもどるであろうから、先に約束されました』。しかし今もなお、その罪と、われわれのろばをも、その祭司も、その財産を継がせた。そうするならば、つるぎによって滅び、知識を民に読み聞かせたので彼に会って『だれのしもべヨブはあなたがたからは遠く離れて礼拝しなさい。神から出る災を恐れる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる