ふるさと納税で日本を元気に!

碇山賢也さんに送る雅歌

碇山賢也さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

てがわが喜びとならなかったなら、また右脇を下にしておけようか」。ヨナタンは自分が着ていた上着を脱いで、同じ父の子でないように敵を全く滅ぼさなければならなかったならば良かったでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしを軍中から運び出せ」。その人々が非常に多かったが、行くのに右にも曲ってはならず、益とならず、益とならず、再び二つの国は穏やかであったこの町の中の皮袋を傾けて聞こうともしなかったのに、われわれは彼らを山で木や石で造ったほかの神は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる