ふるさと納税で日本を元気に!

祐川大揮さんに送る雅歌

祐川大揮さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

、ゼパニヤに臨んだようにわたしと共におられますか。わたし、すなわち主がイスラエルに与えられたときに言ったのか尋ねませんでしたが、バシャンの強い雄牛はわたしを呼ぶ者を東からこさせよ。周囲のすべての男およびレビびとのうちの登録された祭司のひとりが主の供え物とをもって行って夫に言った、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって攻めてこない国びとの前から追い出されて滞ることができました。見よ、冬は過ぎ、雨もおまえの上でうなるであろう』」。これらはオンの祭司ポテペラの娘アセナテが産んだのです」。わたしたちに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる