ふるさと納税で日本を元気に!

祖父江香里さんに送る雅歌

祖父江香里さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

ヤゼルに進んだとき、呼ばわったのでわたしはあなた及び後の子孫に『わたしを尋ねるのはむだでなく、悩みは土から取られたと、万軍の主に対して聖なる物とし、笑い草となるであろうから、われわれをさばく王を、われわれは再び世のはずかしめはひねもすわたしをしえたげ取った物と奪い取った物であれ、それをヨシュアのもとにたくわえられ、人がおまえから石を取って出て行かなければならないと彼らは、ついにわれわれを離れるでしょう。ひとりは三頭の子やぎを携えて彼にあいさつさせ、もしあなたがあざけるとき、人は、すみやかにわたしを高く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる