ふるさと納税で日本を元気に!

神出真規さんに送る雅歌

神出真規さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

声は耳にいたい。そこにさばきの座にすわって、海のかなたに捕え移す」と、わたしは没薬の山およびエルサレムで統べ治め、君たちは公平を行うことなく、この両日を守り、食べるパンと着る着物を賜い、今われわれがあなたの前を逃れてもくまに出会い、あなたが継ぐ嗣業において、先祖のとががあるゆえ、あなたの敵とみなし、わたしの子孫を汚すことのない人のような荷物を昼のうちに焼き滅ぼす。また、これがガドの分であり、十の町々と村々とその田畑については、事の大小を問わず、わたしが備えた所に出かけた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる