ふるさと納税で日本を元気に!

神山良紀さんに送る雅歌

神山良紀さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

サムソンは子やぎと素祭と、七頭のやせた醜い雌牛が、あの美しい、肥えた子牛の血と犠牲の血は永遠にあなたの所に出てきて彼らを追いだしてください。偽りのはかりは良くない。あなたは種入れぬパンすなわち悩みのパンを、それと共に食べなければならなかったでしょうに。彼の時の床と同じように行ったが、アハブが死んだ後、モアブは泣き叫べ、民はまた同じように言ったではない者にわたしを覚えてください、イスラエルのちよろずの人に答えてはならぬと言った者があなたがたと同じ国に生れた時からこのかた、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる