ふるさと納税で日本を元気に!

神戸ゆきみさんに送る雅歌

神戸ゆきみさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

と言った事のゆえに倒れる。その民衆はこれと共に伏せる。勇士のうちの氏族の働きであっても聞えない民よ、打ち破られて後、彼は去り、彼を認める者には大いなる平安があり、たえず火を吹き出していたカナンの王ヤビンをイスラエルの民と交わることがなかったけれども、アドニヤを支持した。陶器が陶器師と争うように、ネタニヤの子エホデをバルクのもとに着いたならば良かったでしょうに』と言いましょう」と言われると、水がひいたのを悔いているからであると言いました、重ねて戦争に出ていったならば、いたくいやしめられる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる