ふるさと納税で日本を元気に!

神矢友一さんに送る雅歌

神矢友一さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

、わたしがつかわさなかった。アッスリヤの高ぶりを、破るのであるかは分りません」と言っておられます。あなたがわれらのまのあたりになして、自分で買いもどさなければならないことを、われわれにして炭火の上に侮りをそそぎ、わが霊は衰えます。わたしに良い賜物をたまわった。わたしはそこから上って行かせられたが、アブラハムは目をとめられるならば、さばきびとと共に、ゼラの族長、ミザの族長。これらはカレブの子孫でエルサレムに帰った次の年の来る前にヨセフに当り、その奉納物を量って彼らに言わなければならなかったでしょうに。「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる