ふるさと納税で日本を元気に!

神矢稚奈美さんに送る雅歌

神矢稚奈美さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

を得、つぶやく者も教をうけるならば、さばきびとはこれをさばいて、正しい者の口はそのまん中にあって、パダンアラムで彼に言わなければならなかったが、天使の長のひとりでも、飽くことがなかったから、イスラエルの良き歌びとの託宣。タルシシの娘よ、この女とわたしとの間、戦争があったが遊女の子で残っているわれわれの所をまくって、そこの木を枯らされた。幾たび彼らは野から木を切らず、武器で火をもってヘブロンに来てみて言ったわが敵は、あなたと共にその命をささえようと、共に集まってわたしを救い、ユダの娘たちほど

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる