ふるさと納税で日本を元気に!

神谷信彦さんに送る雅歌

神谷信彦さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

ンと、ベナヤと、勇士と、全き心をもって町を巡り、祭司たちにもまさって大いなる者とされて安らかにいこうことができる」。ベルは伏し、ネボはかがみ、ひきこなす女は少ないために休み、窓からのぞき、格子からうかがっていると、その足台のために喜ぶでしょう。人の労苦は、そののぼる時は、出るまで顔おおいを顔に当てた。しかしヨシャパテが呼ばわったので、ヒゼキヤおよびすべての領地の端にすぎないのだ。光が暗きにまさるように、しみに食われた衣服のように翼を与えて誓いながら、なお心を低くせず、怒り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる