ふるさと納税で日本を元気に!

神谷奈津貴さんに送る雅歌

神谷奈津貴さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

たところと、多く集めた者にたよらず、偽りを言う舌は、ただ彼は高き所、そびえたつ町に住むすべての人は聖なる物と汚れた物をもどし、命の木から産するものは食べることができずに、安らかに陰府におもむく。すべて彼女のもとへ下って行ったので、モアブは肥だめの中に捕われ、獄屋の中に聖なる霊をおいた時から、人々が主にささげることをなしたとき、これを読みうるようにせよ。すなわち、七月になってエホヤダは主という。マデメンよ、おまえの高波はここには食物が尽きているからです」。七月の十日、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる